生命保険でお金を借りるには?

急にお金が必要になったとき、加入している生命保険を担保にお金を借りる方法があります。
この方法は払い続けている生命保険の現在の解約返戻金額に対する一定の割合を限度としてお金を借りる方法で、急にお金が必要になったときなどには有効な手段といえます。

[契約者貸付制度とは]
生命保険の契約者貸付制度とは、現在契約している生命保険の解約返戻金を担保にして生命保険会社からお金を借りる制度のことで、一般的に借りられる金額は解約返戻金額の70~90%の範囲内で借りられますが、生命保険の種類や生命保険会社によって異なるので契約先の生命保険会社に問い合わせてみる必要があります。

当然のことながら契約者貸付制度というのは生命保険を担保にして、お金を借りることですから借りたお金を返済以外に利息が付いてきます。
生命保険の契約の時期などにより貸付利率は異なりますが、通常は契約した生命保険の利率に1,0%~2,0%をうわ乗せした程度の金利になるようで、予定利率が高い保険契約は貸付利率も高くなります。
予定利率とは生命保険会社が生命保険の契約者に対して約束する保険金の運用利回りのことをいい、契約した生命保険の予定利率は生命保険の証券に記載されています。

[契約者貸付制度のメリット]
例えば、生命保険会社の予定利率が2.25%の場合、生命保険契約で金利はプラス1.5%の3.75%と設定されていました。
契約者貸付制度で100万円を1年間借りた場合には、1年後に3万7,500円の金利と元本100万円の合計103万7,500円を返すこととなり、この例を見てもキャッシングでお金を借りるよりはるかに低金利でお金が借りられます。

また、借りた金額と金利の返済については、カードローンのように毎月一定額を返済しなければならないといった決まりはありません。
そのため「ボーナスが入ってから」などのように家庭の状況にあわせて返済していくことが可能です。
ただし、契約した生命保険の種類や、残っている保障期間などによって融資を受けることができない場合もありますので注意が必要です。

妊娠をして中絶したいと思った時にも生命保険を使うことはできません。急なお金が必要となって時にはカードローンでお金を借りる方法もるようです。
参考:子供をおろす中絶費用がない場合にお金を借りれますか?

関連記事